タクシー求人を探す前に見るサイト

より好条件なタクシー求人を見つけるために!

HOME » タクシー運転手になるにはQ&A » どんな人が転職しているの?

どんな人が転職しているの?

タクシードライバーに転職する魅力は?ドライバーの向き不向きは?など、転職する前に知っておきたい情報をまとめました。

タクシードライバーへの転職

便利な交通機関の筆頭に挙がる、タクシー。重い荷物を抱えながらホームへの階段を上がったり、乗り換えをしなければならない電車、狭苦しい客席で進行がのろいバスなどに比べると非常に快適で、ついつい利用してしまうという人も多いでしょう。

上記のように、多くの人にとっては「利用するもの」であるタクシーですが、近年はプロフェッショナルなタクシードライバーへの転職を志す人が、増えています。職業として、以下のような魅力があるからです。

【タクシードライバーの魅力】

  • 給与が歩合制なので、頑張れば高収入も夢ではない。
  • 資格取得や研修のサポート制度があるため、未経験でも転職を検討できる。
  • 意欲があれば、ある程度年齢を重ねていても転職を検討できる。
  • 毎日同じ場所へ赴くオフィスワークにはない、自由がある。
  • オフィスワークに比べ、同僚や上司との対人関係に煩わされる機会が少ない。
  • 女性の雇用に積極的な会社も多い。

職場での人間関係にほとほと嫌気がさしたというサラリーマンや、不況の影響で収入が減少したという他業種のプロが、タクシードライバーへの転職を目指しているのです。

30代も後半を過ぎると、転職の口は大きく減ってしまうもの。そんな該当者にも門扉を開くタクシードライバーという職業が、人気なのは当然と言えるでしょう。

タクシードライバーに向く人

どんな職業にも適性があります。以下のような人は、タクシードライバーに向くでしょう。

  • 車の運転が好き。得意。
  • コミニュケーション能力があり、乗客との一期一会を楽しめる。
  • 安全運転や地理の習得などに、大きな抵抗を感じない。

車の運転が好きでも、荒っぽい運転はNG。また自分の意見を抑え、乗客の要望に応える柔軟さも必要となります。そうした条件や制約にも大きな苦を感じなさそうであれば、適性は高いと言えそうですよ。

転職への条件

タクシードライバーは「運転のプロ」として捉えられますから、以下の資格は必須です。

01 自動車普通免許(一種)を取得していること
02 違反点数がないこと、あっても少ないこと
03 プロデビューにあたっては二種免許が必要

「車を運転したことがない」という人には務まりませんので1は納得ですが、違反点数が多い(8点以上)と採用されにくくなるので、要注意です。

3の二種免許については、応募の時点で取得していなくてもOK。中には取得費を全額負担してくれる会社もありますので、臆せず応募してみましょう。

またタクシードライバーは金銭を扱う仕事なので、一般的には2名以上の保証人を求められるケースが多いようです。さらに、健康状態は良好であることが前提となっています。

こだわりで選ぶ!
あなたにピッタリの転職サイト

【免責事項】

このサイトは、管理人が独自に調査した情報をまとめたものです(2016年7月現在)。掲載されている求人や会社の情報などは、かならず自身で確認するようにしてください。