タクシー求人を探す前に見るサイト

より好条件なタクシー求人を見つけるために!

HOME » タクシー運転手になるにはQ&A » タクシー会社で行われる研修とは?

タクシー会社で行われる研修とは?

タクシー会社の研修内容

タクシー会社に入社が決まって、まず始まるのが研修です。新人研修の内容や所得する資格などをご紹介します。

資格取得

タクシードライバーとして仕事を行なうには二種免許が必要です。ほとんどの会社が二種免許の取得費用を出してくれるので、二種免許がないタクシー運転手未経験者でも安心することができます。自動車教習所に通うので、安全に運転する方法を教えてくれます。

タクシードライバーとして必要な知識の研修

研修内容は会社によって異なり、場合によっては試験が行なわれることもあります。試験内容は地理に関することが多く、難易度が高いと言われています。さらに基本的な接客マナー研修があり、外部から講師を招いたり、実際に先輩ドライバーを乗車させて、アドバイスをもらうなどを行ないます。

機器の操作方法

タクシーに必ずあるのが無線や料金メーター機器ですが、その操作方法も初心者には全くわからないものです。ほとんどのタクシー会社が専門の担当講師により、丁寧に操作方法を指導してくれるので安心できます。

英会話の研修

業務を行なう地域によっては、海外からのお客様が多く乗車する場合もあります。その際にスムーズなコミュニケーションとして役立つのが英語ですが、英語なんて話せない人がほとんどではないでしょうか。そんな方でも、タクシー会社によっては、タクシー運転手に必要な基本的な英会話の研修も行っているので、この機会に習得したいスキルです。

研修の流れ

研修の流れを事前に知っておくと、実際に入社したときにスムーズに研修を受けることができるので、知っておくようにしましょう。

基本的な研修の流れ

  1. 普通自動車二種免許の取得
  2. 地理の試験対策の研修
  3. 接客方法、機械操作方法、事故防止の研修
  4. 指導員を同乗させて実地研修
  5. 指導員を同乗させて配属先での研修
  6. タクシードライバーデビュー!

以上がタクシー運転手になるための基本的な流れになります。研修期間中に、わからないことや疑問に思うことはどんどん聞くようにしましょう。疑問を持ったまま、デビューをすると思わぬトラブルが生じてしまう可能性があります。まずは売上げよりも仕事になれることに専念する方が良いですね。慣れてきたら売上げアップを目指して、プラスアルファのスキルを身に付けましょう。

タクシー会社の研修を受ける際のポイント

疑問ったらすぐに質問

入社したては皆同じスタートラインですが、数年経つと大きな差が開きます。その差が大きく開く理由は、わからないことは積極的に指導者に聞いて、解決しているということです。指導者によっても、教え方が上手い人がいたり、経験者なりの有益なアドバイスもくれる人もいます。そんな指導者を捕まえて積極的に疑問をぶつけてみると、数年後には良い結果が出る可能性が高くなります。

積極的になることが大事

タクシー運転手以外の仕事でも同じようなことが言えますが、何事にも積極的に覚えていくような姿勢であれば、わからないことでも習得が早くなり理解もできるようになります。仕事が分からない間は、覚えるのに必死で、楽しさをあまり感じることができませんが、仕事を覚えた時の達成感と、わからないことを理解した喜びは、楽しさに切り替わります。そうしたことが続くと、タクシードライバーという仕事に誇りを持てるようになるでしょう。

プロとしての自覚を持つことが大切

タクシー運転手は一般の人とは違い、特別な資格を持つ運転のプロなので、交通事故は絶対に避けなければいけません。さすがタクシー運転手と言われるような、テクニックや幅広い知識が必要です。しかし長い目で見ると失敗の一つや二つ起こるかもしれません。できるだけ失敗を起こさないためにも、研修中で多くのことを学ぶように心掛けましょう。また失敗があっても、すぐに乗り換える力も必要です。失敗と成功を経験して、どうしたら上手くいくようになるのか、自分なりの方法を見つけるようにしましょう。

こだわりで選ぶ!
あなたにピッタリの転職サイト

【免責事項】

このサイトは、管理人が独自に調査した情報をまとめたものです(2016年7月現在)。掲載されている求人や会社の情報などは、かならず自身で確認するようにしてください。