タクシー求人を探す前に見るサイト

より好条件なタクシー求人を見つけるために!

HOME » タクシー運転手になるにはQ&A » お給料や福利厚生はどうなっている?

お給料や福利厚生はどうなっている?

給料体系や福利厚生など、タクシードライバーの気になる待遇について調べているページです。

タクシードライバーの給料体系や福利厚生

タクシードライバーを志す人にとって、収入は最も気になる事柄のひとつでしょう。

【都内のタクシードライバーの収入事情】

  • 平均年収…約400万円
  • 平均月収…約33万円
  • 1日の平均売上…約4~5万円

平均月収は30万円を超えているわけですから、まずまずのラインといったところではないでしょうか。「でも1日の平均売上が4~5万円あるなら、もっと月収も上がるのでは?」と思う人がいるかもしれません。しかし「稼いだお金が、そのまま収入になるわけではない」のが、タクシードライバーの給料体系です。

地方だと平均年収も異なる

タクシー運転手の年収は全国平均300万円前後と言われていますが、地方タクシー運転手の場合は平均年収200万円前後です。

しかし、東京などの大都市であれば、平均年収は400万円前後となっています。その理由は、大都市のタクシーはビジネスマンや芸能人などに利用される機会が多く、すぐにお客様を確保できるからです。

また、そのようなお客様は長距離利用が多く、1回の利用で1日の売上目標を達成しやすいのも特徴です。接客が上手く最短ルートに詳しい運転手であれば、そうした常連客がつきやすいので、平均年収も比較的高くなっています。

一方、地方となるとマイカー所持率が高く、タクシーの利用者は少ないです。観光客が少ない地域であれば、尚更タクシーの売上も少なくなるため、平均年収はあまり期待できません。

一見、地方タクシーには落ち度があるように思えますが、近年、地方を訪れる外国人観光客は急増しています。大都市にはない”日本文化を感じさせる穴場”が地方には多いからです。

そのため、観光タクシーに力を入れる企業も増えてきているようです。外国人観光客の心をつかもうと、語学研修を実施しているタクシー会社もあります。この他にも、観光財団による「ガイド検定」を受けているところもあるようです。多様なサービスを行っているところに転職すれば、ビジネスキャリアを培うことができます。

現在のこうした流れを活かし積極的にスキルを磨けば、地方タクシー会社であっても東京と同じくらいかそれ以上に稼ぐことは可能と言えるでしょう。

その給料体系

タクシードライバーの給料体系は、以下の3つに大別されます。

■A型賃金(固定給+歩合+賞与)…
営業職のサラリーマンなどと同じで、一定以上の売上を上げるドライバーに
規定に基づく歩合が支払われます。

■B型賃金(完全歩合制)…
月間の売上に規定の歩合率(会社により異なる)をかけた金額が支払われます。

■AB型賃金(固定給+歩合+賞与)…
固定給と歩合給の合算によって得られる給与のうち、
一定割合を年2~3回、賞与として支払う給与形態です。

固定給のあるA型賃金は未経験者にとって魅力的ですが、近年はあまり採用されていません。B型賃金は「頑張れば頑張っただけ」儲かるので、経験者から歓迎されます。しかし、ボーナスの旨みはありません。

一見するとA型との差がわかりにくいAB型ですが、歩合が一定以上に達すると自動的にプールされ、年2~3回に分けて支払われるシステムとなっています。このためモチベーションの向上や、浪費の防止に役立つと好評。しかしその詳細な体系は会社により異なるので、応募の前にしっかりと確認しておく必要がありそうです。

それぞれの給料体系の特徴をさらに詳しく解説

A型賃金

<給料構成の仕組み>

  • 基本給+その他手当 (固定給)
  • 歩合給 (売上が一定を超えたときに発生するもの)
  • 賞与

A型賃金のメリットは、固定給がしっかりついていることです。完全歩合制ではないため、ドライバーとして初めて働く人であっても、「売上が取れず給料がかなり低くなってしまう」心配はありません。

また、固定給と言っても会社によっては勤続年数を考慮し、随時あげてくれるところもあります。

しかし、近年は燃料の高騰や不況のあおりを受けて、A型の給与形態を行っている企業はほとんど存在していないようです。

B型賃金

<給料構成の仕組み>

  • 月間売上×歩合率

B型賃金は「完全歩合制」の給与形態です。売上が高ければそれなりに自分の給料として返ってくる仕組みです。

そのため、経験豊富な運転手であれば稼ぎやすいのですが、未経験者であれば難しいでしょう。売上は月によって変動します。売上が全くないときは、給料は0と思われがちですが、ある程度の金額はもらえます。

AB型賃金

<給料構成の仕組み>

  • 基本給+その他手当 (固定給)
  • 歩合制 (売上が一定を超えたときに発生するもの)
  • 賞与

この給与形態は、タクシー会社の中で多く取り入れられています。仕組みとしては、A型賃金のように月々安定した給料がもらえ、かつ日々の実績を反映してもらえるというものです。

基本賃金だけでなく、賞与の額もアップしてもらえます。そのため、売上におびえず日々モチベーションを維持しながら、やりがいを感じて仕事ができるでしょう。

AB型賃金は、毎月の売上を積み立てられるという仕組みもあります。浪費癖のある人にとっては、貯金もしやすいと言えます。

しかし、AB型賃金はタクシー会社によって待遇に差があります。求人情報を見ても詳細を把握できない場合は、転職支援サービスを行っている会社に相談した方が良いです。

効率的に稼ぐ方法も様々

無線配車を利用して効率的に稼ぐ方法があります。電話・WEB・アプリを利用したお客様のいるところに迎えに行きます。ただ、車を走らせてお客様を待つより効率的です。また、利用されるお客様としても単価料金としても高い傾向にあるようです。

福利厚生などとして行っている法人では、タクシーチケットを利用しているところがあります。

タクシーチケットと言うのは、利用した際に現金ではなく、チケットで支払いができる乗車券のようなものです。

このチケットを利用して乗車する法人は、長距離移動になる傾向が高いです。そのため、タクシーチケットを利用するお客様を見つけるのも良いでしょう。

さらに、定期的に長距離を利用されるお客様は、高い売上をあげることができます。空港を頻繁に行き来されているお客様がいれば、定期的に利用してもらうと良いでしょう。

タクシー会社によってできないところもありますが、賃金形態を自分の営業スタイルに合わせて変える方法もあります。

最初は慣れるまで、A型賃金で働いてみて、スキルが身に付いてきたときにB型賃金、AB型賃金に乗換えるのもアリです。

このように、稼ぎ方はいくつかあるので自分にあったスタイルで挑戦してみましょう。

その福利厚生

タクシードライバーも、企業に属する職業人ですので、健康保険、厚生年金、雇用・労働・介護などの社会保険は要求して然るべきです。求人情報を見る際は、きちんと完備できている会社を選ぶようにしたいですね。

タクシー業界特有の制度として、一般的に整えられているのは「研修制度」や「2種免許の取得費用支援制度」など。また貸付金制度や給与保証制度などを整えている会社もあります。大手になると、会社所有の保養所などを利用できることもあるでしょう。

また「車両保険加入」で交通事故発生後のバックアップ体制を整える姿勢は、必須と言えます。さらに大手ほど車両の質はアップ。カーナビの標準搭載はもちろん、「ハイグレード車」導入に力を注いでいる会社もあります。

これらの福利厚生については、個人で就職活動を行っていると、なかなか細部までを確認できないもの。無料で利用できる「タクシードライバー専門の転職サポートサービス」なら、求職者の希望を細部まで聞き取ったうえで、推薦求人の斡旋や企業への質問提出を代行してくれます。ぜひ積極的に活用してください。

こだわりで選ぶ!
あなたにピッタリの転職サイト

【免責事項】

このサイトは、管理人が独自に調査した情報をまとめたものです(2016年7月現在)。掲載されている求人や会社の情報などは、かならず自身で確認するようにしてください。