タクシー求人を探す前に見るサイト

より好条件なタクシー求人を見つけるために!

HOME » タクシー運転手になるにはQ&A » どんな資格や知識がいるの?

どんな資格や知識がいるの?

このページでは、タクシードライバーに必要な資格や知識について調査しています。

タクシードライバーになるために必要な資格・知識

タクシードライバー全くの異業種からの転職も可能な職業として、第二のキャリアを築きたい人から注目を集めている、タクシードライバー。

とは言え「運転のプロ」として乗客から利用料を受け取り、安全を保障しなくてはいけないのですから、必要な資格・知識もあります。以下に紹介していきましょう。

二種免許

自動車免許には「一種」と「二種」があります。「一種」とは一般的な運転免許を指しますが、「二種」はプロの証。バス、タクシー、ハイヤー、民間救急車などの「旅客車」は、二種免許を取得していないと運転できません。以下にその概要を見ていきましょう。

01 普通自動車免許(第一種)取得から3年以上経過していないと、第二種は取得できない。
02 受験には運転技能試験だけでなく、学科試験も伴う。
03 教習内容は第1~2段階を合わせて学科教習で19時間、技能教習で21時間程度という内容。
04 教習所費用は20万円程度。

普通自動車免許の取得は18歳から可能となっています。1からもわかるように、21歳未満の人はタクシードライバーになれません。

二種免許受験の際は、特に運転技能試験の採点が厳しくなることを理解し、まじめに教習に励む必要があります。タクシードライバーになるため、なるべく早めの取得を目指す場合は、専用コースを設けている教習所や合宿に参加するのが、一般的。最短で1週間~10日程度の取得も可能となっています。

その費用は、就職先のタクシー会社が負担してくれるケースがほとんどです。

地理試験

東京23区と三鷹市・武蔵野市、そして大阪の特別な地域で、タクシードライバーとして仕事を行う場合に、必要な資格がこちら。全国の中で「最も稼げる」都内で仕事をする場合、取得は必須です。以下にその概要を見ていきましょう。

■受験資格/方法…
公益社団法人東京タクシーセンターが実施する4日間の「新規講習」受講が、
受験資格となる。試験は第3日目に行われる。

■出題内容…
道路・交差点の名称、著名な建造物、公園、名所旧跡、鉄道駅などの所在に関する
問題が40問出題される。80%(32問)以上の正解で合格となる。

■受験料…2800円。

■有効期間…
更新試験はないため、タクシードライバーであり続ける限り、有効な資格。
ただし一時業務から離れた場合、2年間で効力を失う。

実際に地理試験に臨むのは、タクシー会社に採用された後の、研修期間内であるのが一般的です。会社側は、新入社員に1日も早く活躍して欲しいと願っています。このため、独自の講習や問題集作成を行う会社も多いようです。

その合格率は意外に低く、受験者の半数が不合格になるのだとか…。合格まで何度もトライしなければならないとあっては面倒ですから、しっかりと対策に励む必要があります。

【番外編】年齢

タクシードライバーは、40代からでも十分に転職が目指せる職業です。とは言え、定年があるのも確かで、実質的には60歳前後とされています。運転には最大限の注意力が必要とされますから、気力・体力の衰えが見える高齢者に、プロの仕事は任せにくいのです。

しかし全国には、70歳前後のドライバーも存在しているようです。彼らは制限を加えた定時制のシフト内で、就業しています。

こだわりで選ぶ!
あなたにピッタリの転職サイト

【免責事項】

このサイトは、管理人が独自に調査した情報をまとめたものです(2016年7月現在)。掲載されている求人や会社の情報などは、かならず自身で確認するようにしてください。