タクシー求人を探す前に見るサイト

より好条件なタクシー求人を見つけるために!

HOME » タクシー運転手になるにはQ&A » 個人タクシードライバーになるためには

個人タクシードライバーになるためには

個人タクシードライバーになる

個人のタクシードライバーになるために、知っておくと役立つポイントをいくつかご紹介します。

個人タクシードライバーとは

タクシーは、タクシー会社に所属しているタクシーと、個人で運営しているタクシーに分類されます。タクシー会社に所属していると、売上げや勤務形態に縛りがありますが、個人のタクシードライバーになると、それが一切なくなり、売上げも全部自分のものになります。逆に売上げを上げないと収入にならないので、プレッシャーはあるかもしれません。タクシー会社では一日最低保証額というのが、ほとんどの会社にあるので収入がゼロになる日はありません。このように個人タクシーはメリットも大きいですが、デメリットもあることを把握しておきましょう。

個人タクシードライバーの魅力

個人タクシードライバーの魅力は何といっても、売上げが全部自分のものになるという点です。そのため、売上げを上げる工夫をすればするほど、給料が上がるのでやりがいを非常に感じやすいです。また、好きな車に乗れるので、車内も自分好みにすることができます。最近はハイブリッド車の個人タクシーが増えていますが、中にはベンツやBMWやロールスロイスの個人タクシーもいるので、お客様はレアなタクシーに乗れた!と喜ばれることもあります。個人タクシーは基本的に定年退職がないので、長く続けられるのもメリットです。

個人タクシードライバーに向いている人

個人タクシードライバーに向いている人はどういった特徴があるのでしょうか。個人タクシーを目指す人は自分が個人タクシードライバーに向いているか確認をしましょう。

年収を上げたいという意欲が強い人

個人タクシードライバーは売上げが全部自分のものになるので、年収を高めたい人が向いています。年収を高めるには、道の記憶力はもちろん、その地域の情報や高い接客スキルが必要になります。全部自分の力量にかかっているので、意欲がない人は向いていないかもしれません。

自由に働きたい人

個人経営なので、勤務時間も自分で決めることができます。休憩時間も好きなだけとることができるので、自由に働きたい人には、個人タクシードライバーが向いています。

定年を過ぎても働きたい人

個人タクシードライバーには定年退職というのがありません。そのため、自分の好きなタイミングで退職をすることができます。定年退職の基本的な年齢が60歳ですが、もっと働きたいと思う人も多くいる中で、定年退職がないというのはとても魅力的です。

個人タクシードライバーになる方法

個人タクシードライバーになりたいという方は、条件や方法を事前に知っておくと、スムーズに進みます。

個人タクシードライバーになるための条件

誰でも簡単に個人タクシードライバーになれるわけではありません。以下のような条件を満たすことでタクシードライバーになれます。

  • 年齢制限は65歳未満
  • タクシー・ハイヤー事業にドライバーとして法人雇用されていた期間が10年以上あること
  • 過去10年間無事故無違反であること

以上ですが、なかなか難しい条件だと言えます。お客様からしたら、10年以上の経験と無事故である実績があるドライバーは大変魅力的です。

個人タクシードライバーになる方法

個人タクシードライバーになるには、二つの方法があるのでお教えします。

新規許可を受ける

個人タクシーの新規許可の場合は、営業区域ごとに地方運輸局で行ないます。そのため事前に許可を受けようとする営業区域を管轄する、地方運輸局に詳細を確認すると良いでしょう。

所属している事業所から事業の譲渡をする

個人タクシーとして免許を受けている事業者から、事業の譲渡を受ける場合には、双方で事業の契約を結ぶ必要があります。さらに、事業をする区域の地方運輸局に申請書を提出します。

このように、個人のタクシードライバーになるには厳しい条件や手続きがあります。将来個人タクシーを目指すなら、教育がしっかりしたタクシー会社に所属し、経験や知識を積むというのも一つの手段です。

こだわりで選ぶ!
あなたにピッタリの転職サイト

【免責事項】

このサイトは、管理人が独自に調査した情報をまとめたものです(2016年7月現在)。掲載されている求人や会社の情報などは、かならず自身で確認するようにしてください。