タクシー求人を探す前に見るサイト

より好条件なタクシー求人を見つけるために!

HOME » タクシー求人を探すうえで知っておきたい働き方 » 接客スキルが求められるタクシー運転手の工夫は?

接客スキルが求められるタクシー運転手の工夫は?

接客スキルの高いタクシー運転手の共通点

タクシーの運転手さんの中では、他の人より抜きん出て売上げが高い運転手がいます。住む世界が違うと思っても、同じ人間です。売上げを上げている運転手さんと同じようなことをしたら、売上げが上がるかもしれません。まずは、彼らの共通点をご紹介します。

接客スキルが高いタクシー運転手には顧客(特定のお客さん)がいる

夜の飲み屋さんの仕事や特別な仕事をしている人は、一般客より収入が高く、タクシー運転手にとって大口のお客様になります。タクシー運転手が仕事以外で飲みに行く際に、営業も行なっているのです。「タクシー運転手の仕事をしています。この店のお客様がタクシーを利用したい場合は、いつでも私の携帯に電話をください。」などと、さりげなく名刺を渡します。そうすると店側は、このタクシー運転手の客は店にお金を落としてくれたので、今度はこっちがタクシーを利用してあげよう、という気持ちになるわけです。売上げを上げたいと思うタクシー運転手は、こういった戦略を真似てみて、自分でも試してみると良い結果になるかもしれません。

接客スキルを高めたドライバーの体験談

高い売上げを上げているタクシー運転手はどういったこと工夫をしているのでしょうか。タクシー運転手の仕事をしている方の話を実際に聞いてみて、参考にしてみましょう。

【40代 男性 タクシー運転手歴8年】

仕事を始めて数年は、最低限稼げれば良いやという気持ちで仕事をしていたんですが、毎日の売上げが安定してきて余裕ができてきたので、接客にも力を入れてみることにしました。まず僕が心掛けたのは、
「笑顔で感じの良い接客」「声を大きくして、声のトーンを少し上げる」「乗車しそうな人を見かけたら、アイコンタクトをする」この三点です。すると数か月後には、固定のお客様がたくさんできました!固定のお客様は皆良い人ばかりなので、お客様を乗せて運転している最中もすごく楽しいです。道を走っていて、タクシーに乗りそうな人に対して、アイコンタクトを積極的に行うと、手を上げてタクシーに乗る合図をしてくれる人が多くなります。そして乗車してもらう時には挨拶を明るく感じ良くします。タクシー運転手は自分から話しかけることが基本的にやらないので、最初の挨拶が大切です。僕たちが、良い印象を持ってもらうように心掛けると、お客様も快適に過ごせると思いますよ。

【50代 男性 タクシー運転手歴12年】

僕がお客さんを乗せるときに一番気を付けるのは、笑顔と挨拶です。客がタクシードライバーに対する評価は第一印象で決まると思うんです。しかもその評価はタクシーを降りるまで変わることはほぼありません。最初の一声ですよ。「ご乗車ありがとうございます。」これを、目を見て笑顔で言うだけで、僕に対するお客さんの評価は高くなります。するとお客さんも気分が良くなるので、僕も気持ちよく運転することができます。逆にお客の機嫌が悪いと僕も気分が悪くなりますからね。ちょっとしたことをするだけなので、ぜひ売上げで悩んでいるタクシー運転手に試してほしいです。

接客スキルを伸ばす方法

お客様はタクシーを必要な時に拾って、移動できる手段として考えています。高級ホテルのような、最上級の接客を求めているお客様は少ないですが、基本的な接客スキルをつけることで、気持ちよく乗車してもらうことができ、悪い印象を持たれることはなく、トラブルやクレームも未然に防ぐことができます。ここでは、接客の方法をいくつかお教えします。

挨拶・言葉遣いを綺麗にする

運転手の第一声の挨拶で第一印象が決まります。お客さまですから、あまり馴れ馴れしい言葉遣いは悪い印象を持たれてしまいます。かといって、「かしこまりました」「うけたまわりました」という言葉は固すぎるので、「分かりました」のような、普通のキレイな敬語を使うようにしましょう。

相手の様子をうかがう

乗車をして、お客様の様子をうかがうようにしましょう。ありがちですが、お客様との会話のネタとして、今日の天気や最近の話題を話すのはほぼ間違いがありません。その会話の中でお客様の様子を把握します。話しかけないでという雰囲気が出ているお客様には無理に話しかけないようにしましょう。さらに暑そうな仕草をしたらクーラーの温度を調整したり、窓を開けるなどをして、お客様が車内で快適に過ごせるように工夫をしましょう。

どんな話題でも対応できるようにアンテナをはる

お客様に中には、お話が好きな方も多くいます。自分が全く知らない話題を振られても応えられるように、幅広い知識やコミュニケーション能力が必要です。自分が知っている話題だと話がしやすいですが、全くわからない話の場合は、素直に「よくわからないけど、前々から興味があったんです。どうやっているんですか?」などと言う会話力も大切です。

こだわりで選ぶ!
あなたにピッタリの転職サイト

【免責事項】

このサイトは、管理人が独自に調査した情報をまとめたものです(2016年7月現在)。掲載されている求人や会社の情報などは、かならず自身で確認するようにしてください。