タクシー求人を探す前に見るサイト

より好条件なタクシー求人を見つけるために!

HOME » タクシー求人を探すうえで知っておきたい働き方 » タクシー運転手の売上げを伸ばす方法

タクシー運転手の売上げを伸ばす方法

タクシー運転手の売上げを伸ばす際に重視すること

客数を稼ぐ

客数があると自然と売上げが上がります。単価がよくなくても客数があれば、ある程度の売上げを上げることができます。お客様を多く乗せるということは、初心者でもイメージがしやすくコントロールがしやすいので、ぜひ試してみましょう。多くのお客様を乗せることを徹底的に行うことで、道にも詳しくなり接客スキルも身に付くので良いサイクルになります。それを続けることで、売上げが安定してきて、売上げが非常に少ない日が出なくなります。売上げを安定させるということは、出勤日数が少ないタクシー運転手にとって非常に重要なことなので、初心者はまず客数を稼ぐことに集中するようにしましょう。

単価を上げる

タクシー運転手で単価を上げるというのは、長距離のお客様を乗せるということです。単価を上げると売上げが上がり、仕事が楽になります。初乗り料金760円、お客様を10組乗せて売上げ7600円という場合と、一組の客が長距離で高速を使用して移動し、10000円以上の売上げになると、どっちが効率よく稼げているかがわかります。毎日の客数が乗せられるようになってきて、売上げが安定してきたら、次は長距離のお客様を乗せ、単価を上げることを意識してみましょう。

売上げの高いタクシー運転手は仕事に積極的

売上げのよいタクシー運転手は、お金を多く落としてくれそうなお客様がいる場所で、いかに効率よく稼ぐことができるか、ということを常に考えています。人通りが少ない場所よりは都会の繁華街でタクシーを走らせていた方が、お客様が乗る可能性も高く、単価も高くなりやすいです。タクシーを利用しそうなお客様はどこにいるのか、単価が高そうなお客様はどこにいるのか、こういったことを考えることが非常に重要になります。タクシー運転手は、自分の好きな場所に行けるし、空いている時間は何をしてもよいので、基本的に自由な仕事ではありますが、その分自分でしっかり戦略を練り、モチベーションを高く持つことが大切です。

売上げの伸びない残念なタクシー運転手

タクシー運転手で売上げが伸びない人は、どういった特徴があるのかお教えします。

自分中心な考え・怒りやすい人

タクシーはお客様に乗ってもらわないと売上げが発生しません。しかし、お客様の性格は十人十色で、気難しい人、何かと絡んでくる人も存在します。正直、イラっとすることもあるかもしれません。そこで怒ってしまうと問題が大きくなったり、クレームをつけられる可能性もあります。何を言われても、流せるような広い心を持つことが大切です。怒りやすくなると、運転も荒々しくなり乗り心地も悪くなります。さらに事故を起こす可能性もあるので、自分中心の運転ではなく、お客様が快適に過ごせるように、タクシーの運転を心がけるようにしましょう。

サボる人・不真面目な人

タクシー運転手は、自分で売上げを作る努力が必要です。そのため、仕事をサボるとすぐに売上げが悪くなってしまいます。努力をせずに売上げが低いなどと、文句を言うのは間違いです。さらにタクシー運転手に限らず、社会人全員に言えることが、遅刻・欠勤を繰り返す人は、自分の会社や同僚から信用を失います。特にタクシー運転手は、自分で仕事をコントロールする必要があるので、不真面目な人は向いていない仕事だと言えます。

売上げを高くするなら迅速な運転を心がける

迅速な運転を心がけることで、売上げが上がるという人もいますが、その理由とはいったい何でしょうか。詳しく探っていきましょう。

迅速な運転とは?

迅速な運転とは、いかに早く目的地につけるかどうか、ということです。例えば車で家に早く帰りたい時に、空いている車線や、近道があればそこを選びますよね?そういったことを普段のタクシー運転手の仕事に、適用させるだけで、早く目的地に着くことができます。迅速な運転の積み重ねが、売上げに繋がります。

迅速な運転の方法

迅速な運転とはスピードを上げることではなく、スムーズに走る事です。勘違いをして、スピードを速めてしまうとお客様に不快な気持ちにさせてしまいます。道を走っている際に、詰まりそうな車線はなるべく避け、スムーズに、なるべく立ち止まらずに流れ良く車を走らせるのがコツです。常に周りの状況を確認しながら走り、前に遅い車がいるから車線変更をするなどの工夫をすることが大切です。こういったことを続けると、結果は必ず売上げに反映されます。

こだわりで選ぶ!
あなたにピッタリの転職サイト

【免責事項】

このサイトは、管理人が独自に調査した情報をまとめたものです(2016年7月現在)。掲載されている求人や会社の情報などは、かならず自身で確認するようにしてください。